越谷の仲間たち

新店舗を作った仲間たち!!
これからもあの時の熱情覇気仲間意識をもって爽やかに健やかに元気よく!!
小樽潮陵56期同窓会に

            ****昭和37年(1962年)3月 卒業記念アルバムから****

小樽潮陵同窓会

     二日目の東京散策 皇居二重橋前での56年ぶりの記念写真 残念ながら木村さんは不参加

小樽潮陵同窓会小樽潮陵同窓会

高校時代の本当に素敵な懐かしい初恋の彼女に逢うために僕は卒業アルバムと1枚ののスナップ写真をもって、潮陵同窓会に参加しました。初恋のその人とは、高校1年生の時の同じ追分先生担任クラスの忘れもしない張碓から通学の木村伸子さんです。品川のホテルで午後2時から母校小樽潮陵同窓会は始まりました。お互い年月を重ねて56年間の月日を経て今日平成30年5月16日に再会を果たしたのでした。その初恋の思い出は僕だけでなく彼女も覚えてくれていたらどんなにうれしいかと、そして忘れてしまっていたらどんなに悲しいかと思い巡らして胸はドキドキ高まるばかりでした。はっきりと彼女は覚えてくれていました。大袈裟に言えば生きているという感動を震える思いで感じ取りました。思わず彼女の手を取って「有難う!!」と叫びたい衝動になりました。56年前の二人の初恋の気持ちは今完全に存在していて今日まで共有されていたという事でした。56年後に二人は初めてその初恋の感情を完全に共有出来たのでした。開口一番「岡田さんはあの頃は真ん丸い顔をしていつも笑わしてくれて優しい人でした。」「話に夢中になって先生に怒られたこともあったね」「早飯したこともあったわ」と懐かしく語ってくれました。「こちらこそ、思い出深い1年生を過ごす事が出来、感謝してます。あの時の気持ちはほのぼのとした想いでしたが好きだったです。」と恥ずかしもなく高校時代の気持ちを56年ぶりに素直に吐露しました。彼女は満面に笑みを浮かべて答えてくれました。そして話は夢のように弾みました。初恋のほのぼのとした想いは決してその時にはお互いにどうこうしよういうという気持ちはなかったのでした。異性に対する憧れと夢は二人で壊すことなくふれあいことも儘ならず発展させていく事もなく、卒業と同時に淡いシャボン玉のようにどこかに消えてしまったのでした。それでも愛するという初めての想いを二人は大切なものと思って今日まで温めていたのかと思うと感謝の涙が溢れてしまいました。生きてきて良かったと素直に感じてしまう至福な2時間てした。そして引き続きホテルでの2次会でも彼女を誘って淡いはかない青春の3年間を談笑し二人だけの余韻をまた2時間語り合いました。ブログ写真の中に彼女はいます。今は9人の孫に囲まれて神奈川県相模原市に元気にご主人と暮らしていますと、幸せそうに笑顔で話してくれました。

19:00 | 近況・意見交換 | comments(0) | -
第38回連合夏祭り開催

今年も8月5日に連合夏祭りが開催されました。富士町の4自治会が共催した地元で一番賑わう夏のイベントです。地元の大成住宅のご協力により毎年花火大会も行われています。毎年大会の目玉として1,000発打ち上げられ、夏の風物誌として一番人気高いイベントです。3ケ月前から各自治会では打ち合わせ、そして連合運営会議を行い、準備万端事故の内容気を配り準備して来ました。特に模擬店では火事を出さないよう食中毒にならないよう十分取扱いに注意して衛生管理の取扱いも徹底してまいりました。お陰様で無事事故もなく楽しい真夏の夜の夢を仲間と共に楽しみ喜びを共有し合いました。現状の自治会活動の難しさを感じながらも、少しでもその中にある生きがいを求め、地元の皆さんの為に役立つような自治会を目指し微力ながら頑張りたいと思っています。

追記 このサイトしばらく休ませてもらいましたが、僕としてはやめたわけではありません。また命の続く限り頑張って更新したいと思っています。今年で越谷支店は開設45周年迎えました。早いものですね。

20:44 | 近況・意見交換 | comments(0) | -
16年ぶりのクラス会
10月22日より4泊5日で北海道でのクラス会に行ってきました。16年ぶりに観光旅行ではなく僕の故郷である岩見沢と小樽と札幌に行き、学校時代の先生と仲間に逢ってきました。そして同時に岩見沢小学校・小樽潮陵高校と僕の学びの校舎をこの目で確かめて来ました。古い良き時代の思い出の校舎は幾世の時の流れで、既に鉄筋ビル風に建替えされており、昔の面影は無く一抹の寂しさがありましたが、周りの風景・街並みは60年前からずっと変わらずそこにありました。その時に僕が描いて来た原風景が甦って来て思わず熱い喜びが胸に込み上げるものがありました。そして静かに60年前の自分の過去を偲ぶ事が出来ました。クラス会でも50年ぶりに会う友達と、お互い手を握り合うだけで心に通じるものがありました。日常生活の中にふと迷い込んだ非日常のクラス会旅行はこうして一瞬のうちに過ぎ去って行きましたが、先生や友達そして故郷の原風景から明日への生きるエネルギ−をたくさん頂いくことが出来ました。懐かしさの安らぎだけでなく同時に明日への活力を貰った充実した旅行となりました。
1.変わり果てた岩見沢小学校 左渡辺先生     
  
  岩見沢小学校
2.3年間一緒のつくしの仲間たち
つくしの仲間つくしの
3.翌日アシリベツの滝と滝野公園内のダリアを囲んで
アシリベツダリア公園
4.小樽の有名ラ-メン店 初代
美味しいラ−メン屋
5.小樽潮陵高校とよく通った喫茶店 光
潮陵高校光
6.北海道道庁

道庁

 
06:30 | 近況・意見交換 | comments(2) | -
釈迦降誕祭 坂戸永源寺
坂戸永源寺の花祭りを観てきました。5月5日はこどもの日で毎年坂戸の永源寺
でお釈迦様の降誕祭が行われます。永源寺は、江戸時代初期に開基されたと伝
えられる曹洞宗のお寺です。
徳川家康は三河武士旗本嶋田次兵衛尉重次に坂戸を統治させた。重次は荒廃し
た土地を開墾し坂戸の開発と興隆に努めたそうです。文禄元年に1592年ここに
一寺を建立して、嶋田家代々の菩提所としたそうです。地元一番の大きな寺院で、
本堂前の花御堂の誕生仏に甘茶をかけて、無病息災、家内安全、商売繁盛を祈願
します。私も小銭を入れて子供と孫の息災を祈りました。こどもの日でたくさん
の子供たちが何度もかけていました。境内には昔と変わらずお店もたくさん出て
市内外から多くの人たちが訪れて賑わいを見せています。いろいろな祭りの行事
の中に楽しみにしていた「おいらん道中」があるんですが、今年は中止で2年毎
らしいです。そういえば寺の裏に萬治高尾太夫がまつられておりました。
高尾太夫といえば江戸吉原を代表する傾城屋・三浦屋の美人で評判の名妓でこの
女を巡って仙台の大名伊達綱宗と北町奉行嶋田忠政の五男権三郎が奪い合いをし
たそうだ。その結果権三郎と高尾は坂戸の地に逃れ萬治3年にこの地でその生涯
を閉じたとされていて、権三郎は高尾を一族の菩提寺である永源寺に手厚く葬り
ました。只高尾太夫の墓は嶋田家代々の立派なお墓とは別に隣にひっそりとあり
ましたが、なんだかこのお寺が人間的な優しいお寺だと思ってしまったのは私
だけでしょうか。
写真はサムネイル方式で掲載しました。クリックして拡大して見ていただければ
と思います。
釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺
釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺釈迦降誕祭 永源寺
 
09:48 | 近況・意見交換 | comments(0) | -
改築

 30年間住み慣れた自宅を改築することになり、今月に入り建築業者との打合せや引越しの荷造りなどに追われている
毎日です。家屋だけではなく解体の邪魔になる樹木は伐採されるようで、何とも寂しい限りです。
改築については、何時かはやらねばならない事でもあり、今なら、まだ体力もあるので思い切って決断した次第です。


安普請ではありましたが、30年間家内と二人の子供を守ってくれた我家に感謝しています。

 
白加賀(左)と豊後梅(右)は、苗木から育てた紅白の梅の木ですが、残念ながら伐採する事になりました。
また、前庭以外の樹木については、後々愚息に手入れは出来ないと判断し、この際すべて伐採して貰う事にしました。

 
左の槇は一度掘り起こして別な所に仮植えにし、再び元の場所に植えてくれる予定です。右の柘植は重機や車両の
邪魔になるとの事で、業者から伐採したいと言われたのですが、枝を切り落としてでも残して欲しいと懇願しているところです。
残った樹木は出来るだけ自分で手を入れ、将来手に負えなくなったらプロに頼むつもりです。

 新しい家は自然災害対策が大きな目的であり、細かいところは家内の好きにさせています。
私は、心の安らぎと季節の移ろいを感じる場所が身近に欲しいだけなので、庭の植栽の方が気になる今日この頃です。



09:41 | 近況・意見交換 | comments(2) | -
初詣 喜多院
みなさんあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年は退職と引越しを経験し精神的にも肉体的にも少々くたびれてしまい、年末には風邪
ひいてしまい散々でした。今年からは新転地で新たな生活をスタ−トします。
しばらくのんびりと何も考えず体を酷使せず体と仲良く付き合いたいと思っています。
そして春ごろからまた元気に緊張感を維持しながら頑張って行きます。
そんな気持ちを込めて初詣に行きましたが、北風吹き抜けるこの冬一番の寒さでした。
三ガ日は混雑すると思って4日に参拝しましたが、仕事はじめの日で逆に大混雑でした。
初詣 喜多院
川越喜多院はやはり江戸徳川家のゆかりの地であるだけに大勢の参列者で賑わっていました。 
小生もそうなんですが一日だけ手を合わせて神頼みする国民性に改めて驚いています。
毎日とはいかないがもうちょっと神仏様に向き合って往かなければと思いを強く持ちました。

初詣 喜多院


この本堂は別名潮音殿と呼ばれています。海の汐の音がするそうです。
初詣 喜多院

喜多院の隣にある仙波東照宮です。
徳川家康の霊廟が久能山から日光に移転したときこの地に寄ったらしいです。何となくきらびやかな感じがあります。
仙波 東照宮

天海僧正像 家康が大変頼りにしたそうです。この川越に喜多院が建立されたのも天海の意見
があるみたいです。喜多院山門の横に威風堂々と建立していましたが、権力を握った誇らしげ
な風貌に力強さを感じました。
初詣 喜多院
09:17 | 近況・意見交換 | comments(2) | -
平成二十五年元旦


 明けましておめでとうございます。
平和な良い一年でありますようお祈り致します。
昨年同様、「越谷の仲間たち」を、よろしくお願い申し上げます。





15:38 | 近況・意見交換 | comments(2) | -
夏と秋の間に

 尖閣国有化は、民主党が中国に気を遣って、都による開発を防止するため行ったつもりが、意に反し中国を逆撫でしてしまいました。
国交正常化四十周年式典の中止や、反日デモによる日本企業の受けた被害は補償しないとか、日本製品の不買指示等々、
これらはすべて中国共産党上層部からの指示によるものと思われ、今日は領海侵犯まで行って、日本を挑発しているようです。
 あくまで私見ですが、中国に進出した一部の日本企業は、中国と言う国は特殊な国であると言う認識が足りなかったのではないかと思います。
中国は民主主義の国では無く、共産党による一党独裁の国であり、党の上層部が、軍事行為を始め、経済やスポーツ、文化交流等の全てを
コントロールしている国であり、日本とは文化が大きく異なります。
政治面で中国の意に反することが起きると、今回のように、いろんなところに飛び火する訳で、単に利益追求だけで進出することは、
大変危険であると、改めて認識したのではないでしょうか。
残念ながら、旧態依然として「反日」がベースにある国ですから・・・。

夏も終り、秋がもう直ぐそこまで来ています。今日はそんな端境期の花々をアップします。


バンマツリが再び咲き出しました。


道端に咲く芙蓉の花。


そして、近くの空き地には秋桜が咲いています。


ヤマホトトギスも咲き出しました。


尾花は秋を感じさせます。

 個人的には、尖閣や竹島は喧嘩両成敗という事で、国連管理化に置き、海底資源の開発や漁を禁止した方が良いように思いますが、
仲間たちは如何でしょうか?
いずれにしても、大事に至らないことを祈りたいものです。

追伸:春蘭や寒蘭などの近況は http://blogs.yahoo.co.jp/ranran0235 にアップしてあります。




12:09 | 近況・意見交換 | comments(0) | -
晩夏

 ご無沙汰してま〜す。皆さん、お元気ですか?私も遊び人生活を始めて3ヶ月が経過しました。
午前中はTvでMLBを観戦し、午後は録画していたVTRを、うとうとしながら観て、夕方は鉢植えの蘭や草花に
水遣り等々、まったりした日々を過ごしています(笑)。
これから段々涼しくなって来たら、運動を兼ね、カメラを持って外出する機会も多くなって来ると思います。


夏の食材ゴーヤは、最近の雨で急に元気になったのか、次々と実をつけてきました

熟して黄色くなったゴーヤは、種の周りの赤い部分はフルーツのような食感で食べられるし、黄色い皮は
スライスし、サラダとして食べるなど、いろいろ楽しんでいます。
ただ、熟し過ぎるとブヨブヨになり、触ると落下してしまうのでお早めに!。


我家の柿は、春先の台風で枝が折れたり葉が傷んだりしたので、今年は、あまり元気がありません。


こちらは2008年9月27日の同じ柿ですが、9月の下旬には色づいていました。


今年もアシナガバチが大きな巣を作り、種の保存に頑張っています。
アシナガバチは悪戯しなければ刺す事はないようですし、庭木の害虫を食べてくれるので、有難い蜂です。


 「処暑」は今日で終り、明日からは「白露」、そろそろ涼しくなって欲しいものです。


13:09 | 近況・意見交換 | comments(0) | -
ゴーヤ

 今年は、たまたま卓球仲間から苗を頂いたので、初めてゴーヤを栽培しましたが、結構成長が早いのには驚きました。
娘が来ている時に丁度1本だけ食べ頃になったので、チャンプルで食べることができました。
現在数本が成長中ですが、一部葉が黄ばんできているので、果たしてこれからどうなりますか。


庭に穴を掘り、化成肥料を元肥にして数本植えただけのゴーヤ。画像中央左側の実は、先週収穫し皆で食しました。


成長中の2本。花は沢山咲くのですが、どうも結実する雌花が少ないようです。

 我家は、孫たちが帰りやっと平常に戻りました。



06:43 | 近況・意見交換 | comments(2) | -