越谷の仲間たち

新店舗を作った仲間たち!!
これからもあの時の熱情覇気仲間意識をもって爽やかに健やかに元気よく!!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
皇居乾通りの桜
今年天皇傘樹80歳を記念として皇居の乾通りの桜が国民に一般公開されました。連日大勢の国民が押しかけているとメディアも注目を示して放送していました。私も4月7日に国民の一人としてその行事に参加してきました。ソメイヨシノの皇居の桜はどんな風に咲いているのかという気持ちは勿論ありましたが、正直言って桜そのものはそれほど綺麗ではなかったし隅田川の桜より豪華絢爛とは思えなかったのでした。それよりも天皇と桜と結びつく皇居の桜には何か神秘的な古代から現代迄の天皇家の歴史を感じてしまいました。そして靖国神社の桜の木の下で会おうと誓い合って大空に痛ましくも散ってしまった歴史を我々は忘れてはいけないし、反戦のシンボルとして桜を見直されていくべきだと思っています。5日間で約40万の人々が訪れ、7日も5万人が訪れたそうで、坂下門の入口に到着するまで2時間半もかかりました。さすがに待ちくたびれて一部帰ってしまう人がいましたが、大多数の皆さんはじっと我慢して待っていました。多分普段観られない皇居の桜をじっくり眺めたいという気持ちと天皇陛下と一緒に眺めたいという気持ちがそうさせているのでしょう。僕も無意識にそんな気持ちでじっと待っていたと思う。乾門まで小1時間程で押すな・押すな・立ち止まって写真を撮らないでくださいと言う警備員のマイクの音がけたたましく桜よりも訪問客の多さでの喧騒が気になった桜見物となりましたが、天皇陛下の折角のお気持ちを思うと一日敬虔な気持ちになったかと思っています。

千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜千代田公園と皇居の桜
10:48 | 花 動物 | comments(3) | -